あなたの歯並びはどのタイプ

八重歯

八重歯が邪魔をして口を閉じられない、唇に傷がつく、などお悩みの方は非常に多いようです。しかし、いざ抜くとしても、健康な歯を失うことに抵抗のない人はいないでしょう。当院では、邪魔になっている八重歯の問題点、これを抜いた場合に現れる問題点などをご案内して患者様にご納得して頂き、治療を行っております。

でこぼこ

乳歯から永久歯への生え変わりがうまくいかなかったり、あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がでこぼこに生えたり、重なったりしている状態です。

歯が磨きにくく、むし歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで発展すると、若くても歯を失う可能性があります。

すきっ歯

歯の間にすき間があることを言います。
乳歯から永久歯に生え変わる時期に起こるのであればご安心して頂いて問題ございません。
問題は永久歯に生え変わった後や大人のすきっ歯です。

すき間があることでしゃべる際に空気が漏れて「さ行」が発音しにくくなります。
食べ物がすき間に詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因にもなります。
また、奥歯の噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩こりの原因にもなる場合があります。

出っ歯

出っ歯とは、主に上顎の前歯が前面に飛び出している状態を指します。
正式には上顎前突の一つの症状であり、臨床上ではよく見受けられる歯列不正といえます。

出っ歯は遺伝が大きな原因となっている場合もございます。しかし後天的な原因で出っ歯になる場合もございます。
後天的な原因として指しゃぶり・舌で前歯を押す・爪を噛む・口呼吸などが代表的です。また、出っ歯は見た目の悪さだけではなく、口を完全に閉じることができず口腔内が乾燥することで、虫歯や歯周病の原因にもなります。

受け口

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことで、 下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。

前歯が前後、逆になっているため発音しにくい言葉が出てくることもあります。
不正咬合のため食事の際にうまく噛めず正常咬合の人に比べて消化不良を起こしやすい場合もあります。
顎が正常に歯で固定されないため顎関節に負担がかかり関節周囲を傷つけ痛みを伴うこともあります。

後戻りしてしまった

子どもの時に矯正をしたから歯並びが悪くなることはない!そう思ってはいませんか?
個人差はありますが、大人になって後戻りしてしまう可能性は皆様にあります。後戻りが感じられたら早めに対応することで、費用や期間も少なくすみます。
当院で幼いころに治療をした。他院で治療をした。どちらでも対応いたしますので、まずはご相談ください。

歯並びの悪さに悩んでいる女性は少なくありません。
歯並びのことが気になっている方は、どんな小さなことでもご相談ください。

矯正をするメリット

歯並びが悪い女性は、それがコンプレックスになり、笑うときに歯を隠してしまう人も少なくありません。
矯正をするとコンプレックスがなくなり、素晴らしい自然な笑顔「スーパースマイル」を自分のものにできます。
矯正することで表情も大きく変わります。例えば、出っ歯の人は口元がすっきりし、表情が優しくなります。

院長日記 お問い合わせ 矯正歯科いとう