矯正治療Q&A

Q

「理想の歯並び」とは?

A

私が思う「理想の歯並び」は、ご本人が生活に不自由せず、審美的に気にならないのであれば、無理に矯正しなくても良いのではないかと思います。
しかし女性に多いのは、歯並びの悪さがコンプレックスになり、性格まで暗くなってしまうことです。そのような悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。
歯並びをきれいにすることは、自分に自信を持つことにつながるのです。

Q

治療中のよくある悩み

A

矯正器具は装着後1周間ほどは違和感がありますが、次第に慣れてきますのでご安心ください。
また、何かトラブルがあった場合、「急患」として速やかに対応させていただきます。
そのほか、矯正治療中のよくある悩みとしては、以下のものが挙げられます。
・食べ物がはさまる
・歯磨きがしづらい
・口内炎ができやすい
・装置が外れてしまう

Q

治療後のケア・メンテナンスについて

A

矯正の完了後は、状態を安定させるために、保定装置を数年間装着する必要があります。
その後も、1年に数回はメンテナンスを行いましょう。
メンテナンスを怠ると歯が後戻りしてしまい、今までの努力がフイになってしまう可能性があります。

Q

歯並びが及ぼす影響とは

A

歯並びが美しい人の笑顔は「スーパースマイル」と言われ、笑顔に自信がみなぎっています。
逆に、歯並びが悪いとそれがコンプレックスになり、つい口元を隠してしまったり、性格も暗くなりがちです。その傾向は、美しさに敏感な女性に特に多いといえます。
また、美しい歯並びにすることで心身のバランスが良くなり、姿勢や体調が改善されることも期待できます。

Q

後戻りについての考え方

A

治療後に保定装置を指示通りに利用しないと、歯は必ず後戻りしてしまいます。後戻りしてしまった人が、再度矯正する人もいます。
きれいな歯並びを保ちたいなら、矯正後の数年間は、ご面倒でも必ず保定装置をはめて装着してください。
また、保定の期間で「ホワイトニングしたい」という方には、専用の保定装置をお作りします。ご相談ください。

大学生の方へ

大学生の方は比較的時間がありますので、矯正の時間をじっくり取ることができます。自分に自信を持てる美しい歯並びで、就職活動に打って出ませんか?

結婚される方へ

矯正は、人にもよりますが完了までに1年半は掛かります。結婚を意識されている方は、余裕をもって矯正をスタートしましょう。結婚式が間近に迫っている方でも、例えばワイヤー式ならホワイトワイヤーで目立たなくできますし、マウスピース型ならほとんど分からないので安心です。

妊娠中の方へ

矯正を始めるには、事前にレントゲン撮影での診断が必要となります。しかし妊娠中はレントゲン撮影が出来ないので、矯正は出産後に行うことになります。
また、矯正中の方が妊娠した場合、つわりで歯磨きが苦痛にあったり、妊娠性の歯肉炎が発症して矯正装置を装着できなくなる方には、随時対応させていただいています。

子育て中の方へ

矯正の受診には30分ほどかかります。小さなお子様を膝に抱っこしながら受診される患者様もいらっしゃいますが、お子様は事前に預けていただくか、同伴の方に見てもらうようにしていただくのがベストです。
また、お子様の矯正を見ていて、親子で矯正を始める方もいらっしゃいます。

院長日記 お問い合わせ 矯正歯科いとう